2020 年度日本経済会計学会秋季大会のご案内

 

 秋涼の候 会員の皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。

 日本経済会計学会(The Accounting and Economic Association of Japan: AEAJ)の2020年度秋季大会は、開催校を早稲田大学とし、下記のとおり、2020年12月12日(土)~12月13日(日)の2日間、統一論題「「COVID-19感染拡大下における情報開示の実態と分析」の報告及び討論、並びに領域別にソサイエティのカンファレンスを開催いたします。秋季大会は、オンラインの開催となります。

 2019年の統合に際し、日本経営分析学会(The Japanese Society of Business Analysis: JSBA)と日本ディスクロージャー研究学会(The Japanese Association for Research in Disclosure: JARDIS )は、ソサイエティとして継続し、それぞれの領域の学術活動を展開しております。具体的には全国規模の学術集会開催及び学会誌『経営分析研究』の共同刊行が主たる活動となります。日本経済会計学会の全会員は、両方のソサイエティに所属しますので、報告機会の増加と活動の多様化が期待できます。

 2020年度からは、日本経済会計学会の秋季大会は、ソサイエティが企画運営する領域別の学術集会の場となります。本年度におきましては、日本経営分析学会(奥村雅史会長)の秋季大会は第36回経営分析カンファレンスとして、日本ディスクロージャー研究学会(吉田和生会長)の研究大会は第19回ディスクロージャーカンファレンスとして、それぞれ継続開催いたします。日本経営分析学会と日本ディスクロージャー研究学会は、日本経済会計学会秋季大会の統一論題報告を輪番で企画運営し、カンファレンスでは一般報告(自由論題)及びポスター報告のみを実施します。

 本年度の統一論題報告は、日本経営分析学会によって企画運営されます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響は,企業業績や財務状況のみならず,情報開示の内容や開示実務にも及んでおり、企業会計及び情報開示に近年経験したことのない多大なインパクトを与えています。しかしながら、その影響の実態に関しては、断片的な情報は提供されているものの、十分に理解できているとは言い難いといえます。そこで、この問題について多角的な視点からの知見を4名の研究者から提供していただき、ウィズコロナの現状に関する理解を深化させ、問題点を検討することをねらいます。

 一般報告及びポスター報告の募集は近日中に開始します。報告様式は、本年7月に開催しました年次大会と同様なオンデマンド配信になります。なお、質疑応答の一部については、討論を円滑にするためにAEAJの学会Websiteに構築する大会BBS等でも行う予定です。

 会員の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。


日本経済会計学会会長
2020 年度秋季大会準備委員会委員長
薄井 彰(早稲田大学)


1.日程
 2020 年 12 月 12 日(土)統一論題報告 、招待講演ほか
 2020 年 12 月 13 日(日) 経営分析カンファレンス 、 ディスクロージャーカンファレンス
 2020 年 12 月 14 日から 2020 年 12 月 30 日 振り返り配信(オンデマンド)
2.開催校 早稲田大学(準備委員長 薄井 彰)
3.開催方式
 第 1 日 オンライン・ライブ配信
 第 2 日:本年度 年次大会と同様のオンデマンド配信 質疑の一部は BBS 等により実施予定


以上

秋季大会報告者募集

一般報告(自由論題)及びポスター報告を募集は終了しました。